すくすく園

2021.02.20

1月・2月の活動紹介(9)

1/22(金) 十日市ごっこ

今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を鑑み、400年以上も続く、会津でもっとも大きな初市(十日市:1/10)が中止となりました。

毎年、縁起物(起き上がり小法師・風車・市飴)を購入し、子孫繁栄、厄除け、無病息災、家内安全を願っていたご家庭も多いかもしれませんね。

 **  ***  ***  ***  ***  **

すくすく園では、5歳児の子どもたちが手作りの縁起物を作り、たくさんの出店を準備してくれました。

発表会で3歳児が披露した『🐛はらぺこあおむし🐛』を題材にした、箸置きとキーホルダーです。

 **   ***   ***   ***   **

5歳児のお店は、どこも大繁盛でした。“財布のお金を出して品物をいただく”行為は、大人になったようで、みんな嬉しそう・・・そして真剣です。

本物の野菜は、ズッシリと重い 🥕 🥔 子ども達は、どんな献立に入ったか教えてくれました。
肉じゃが、カレーライス、シチュー、ポテトサラダなどが多かったようです。
乳児クラスから“絵本”の時間を大切にしています。また1冊、自分の新しい絵本が増え嬉しそうです。
買い物だけでなく、ボール投げも楽しめるお店がありました。上手く投げるコツやボール拾いなどをテキパキとこなしてくれました。
ここは、自動販売機の裏側ですが、、、自動でも人手が必要な構造になっています。みかんジュース、ぶどうジュース、りんごジュース、スポロンの4種類、お金をいれると食券が発行されました。
その後、給食の時間に食券を入れると本物ジュースが飛び出してきました☺
神様に手を合わせて、真剣な表情でお参りです。
「コロナが無くなりますように・・・」と手を合わせる姿もあり、コロナ禍での生活の変化を理解しながらも、以前の生活にもどれることが幸せだと感じているようですね。

 **   ***   ***   ***   **

 **   ***   ***   ***   **

2/2(火) まめまき

     ~ 鬼は外!! 👹 福は内!! ~

『節分』の日が2月3日でなくなるのは、1984年(昭和59年)の2/4以来40年ぶり、2/2になるのは1984年(明治30年)以来124年ぶりのことだそうです。

コロナ禍での『まめまき』は、お面の下にマスクをして大声を出さずに、数名ずつ園内を回る・・・という様子でした。

~ たくさんの“福”を呼び込んでくれて ありがとう! ~

   

園について

施設案内・概要・沿革・アクセス

入園のご案内

募集要項・保育時間・保育料

【保育理念】私たちの考え方や目標

未来を担っていく子供達の最初の社会とのふれあいであることを意識しながら、人権を守り保護者の方との連携を図りながら心と体の健全な育成のために専門性を活かします。

【子育て支援】地域の子育て支援など

すくすく園では、様々なふれあいやご両親の子育て支援の活動を行っています。
当園へ通っていないお子さまでも利用可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。